Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
農繁期真っ盛り!
   6月6日

 忙しさに取り紛れて?(ほんとかな) なかなかブログを書く事が出来ないうちに
なんと すみれもちと 大麦と あおば小麦の 刈り取りが終わりました。

 菜種も刈り取りが終わり ピーナッツと金胡麻も種まきが終わりました。
後から種まきをした 南部小麦が まだ刈り取れません。

 麦茶や ストローに 加工するのもこれからです。

  苗代の苗や 畑苗も田植えを待っています。
田起こしや代掻きも 畑仕事の合間に行います。

 イチゴの摘み取りや 加工(直ぐに加工しないと痛んでしまうので)
今年は梅も 大豊作で 梅味噌や梅ジュース カリカリ梅にしています。
この分だと梅干しも 大量に出来そうです。


 今R工房は 農繁期真っ盛りです! 


 ここ何ヶ月か 家族のように いろいろ手伝ってくださる Aさん
    
    大麦を殆ど一人で刈り取ってくれました!

 パーゴラ というAさんのブログに 麦刈りなど いろいろのっています。
是非ご覧ください。

  http://seedsn.blog.shinobi.jp/Entry/273/
 
 
| さのとらこ | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チェリーベリー 昔イチゴ
     チェリーベリー 昔イチゴ?????

   5月4日

 毎年楽しみにしていてくださる皆さん 大変お待たせしました!
昔イチゴのチェリーベリー やっと実が大きくなってきました。

 天気のせいか 稔りが若干遅れていたイチゴ 一雨降れば実が色付いてきそうです。

      ところで どうしてチェリーベリー?

続きを読む >>
| さのとらこ | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
甲州トウモロコシ
   4月24日

 先日 やっと太陽にお目にかかった日 甲州トウモロコシの種をまきました。


   甲州トウモロコシ 種が見えますか?  黒もちトウモロコシ 黒もちトウモロコシ

 真ん中あたりに黒もちトウモロコシを植えました。

  なぜ 真ん中あたりに?
  

続きを読む >>
| さのとらこ | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4月の畑
   4月23日

 4月も後わずかだというのに 手足が凍り付くような寒さ。
畑の作物は 激しい気温の変化に 戸惑っているようです。

   麦 すみれもち(麦)も   大麦 大麦も
  

   油菜 油菜も 花を咲かせてみたものの

 そして いろいろな方からの問い合わせの多い 楽しみなイチゴは・・・ 
続きを読む >>
| さのとらこ | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サツマイモ
    4月21日

 昨年の種芋が 虫食い等であまりにひどかったため 心配でした。
今年の寒さも 芽が出るには 条件が悪そうでした。
おそるおそる 覗いてみると。。。

 
続きを読む >>
| さのとらこ | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
薫炭作り
   4月12日

  籾殻薫炭作り

 R工房の作る米からの籾殻だけでは 一年間 畑を維持するだけの籾殻ができません。
そこで毎年 千葉エコ農産物の米を作っている 増田ライスファームさんから
籾殻を大量に頂いて うどのマルチや 籾殻薫炭に利用しています。

  籾殻薫炭 焚火を起こして おき火を作ります。

  籾殻薫炭 籾殻薫炭 燻炭用の煙突を おき火に被せて籾殻を寄せます。


  籾殻薫炭 籾殻薫炭 灰になる前にドラムに入れて水をかけます。

 火が消えたと思っても 熱で燃え出す事があります。
籾殻薫炭が完全に冷めてから 袋に入れて保存します。


 籾殻薫炭はそれ自体も大変便利な物ですが 薫炭作りをする畑にも良い事があります。
農薬を使わず 毎年野菜等を作っていると どうしても虫や病気が増えてきます。

 その虫や病原菌等が 薫炭の熱や臭いで減るような気がします。
有用なクモやカエルは逃げ足も速く 薫炭を作り終えると 直ぐに戻ってきます。
そこを耕して種をまくと 焼き畑に近くなるのではないかと思われます。

 焼き畑は出来なくても 我が家流にアレンジしてみると 
先人の知恵のすばらしさを 少しは体験できるということです。 
何と 草の生え方も少なくなります。

 炭や灰は 微量要素のミネラル分だと言われています。
焚火をした後に植物や草木の根がびっしり伸びているのを ご覧になった事がありますか?

草や木は 彼らの必要な物を知っているので その力を利用しよう という訳です。

 畑も 田んぼも 鶏も ともかく良く見て 考えると
私のような 中年百姓?にも いろいろな事を教えてくれます。
とは言えまだまだ 理解不足 観察不足 勉強不足は否めませんがね・・・
 
 

 JUGEMテーマ:自給自足
| さのとらこ | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山うど
  去年までの うどについての記事は 2009年の出来事の中にあります。


  4月10日

 毎年今頃になって来ると なぜか食べたくなってくる物の一つに 山うどがあります。
山の中から探し出すのは 結構しんどく やっと見つけても小さかったり・・・

 そこでR工房では 山うどを畑に移植してみました。
うどは 夏の間に太陽をいっぱい浴びて 根に養分を蓄えて越冬します。
地上部が枯れて 寒さで株が 震えながら? 春を待ちます。

 暖かくなって来ると 待ってましてと 芽が動き出します。
その頃を待って 籾殻をかけて 土寄せしておきます。

   うど畑 何が隠れているのか判らない 籾殻と土の山

 先日 試し堀をしてみると  うど試し堀 細めだけれど 育っていました。

    うどの株 株を掘り出してみると おいしそうな山うどが

        試しに酢みそと きんぴらで・・ 
 今年は 少々細めで小さいけれど 美味しい山うどが出来ました。 



   本日から ごじゃ箱岬店で販売しています。  初荷で〜す!

    

| さのとらこ | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode