スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
今年の麦の 検査結果
  6月に刈り取った麦の脱穀と選別 調整がやっと終わり
いすみ市の簡易測定器による 放射能検査を受けてきました。

 結果は 大麦 すみれもち(大麦) あおば小麦 南部小麦のいずれも
10ベクレルの検査限界値以下で 検出せず となりました。

昨年は 小麦が20〜30ベクレルくらいあったのですが
これは直接セシウム等が葉等にかかった為かもしれません さて本当の所は判りません。

 そして今年の結果 10ベクレルより下 ほとんどなかったともいわれましたが
少しはでているという事なのか? これも???

 畑には放射性物質は未だあると思うけれど 発酵させたものが入ると
害を与えなくなるとも聞いているが 何せ見えない。
人の体も 発酵食品や 梅干し等で デトックスしていくと言うから
土も農産物も 堆肥や炭で少しはデトックスできるといいな と楽観していいのやら???

 まだまだ終わらない 3.11 なのに 原発の再稼動をするという無神経な人間がいる。
私達は 国会議事堂前でのデモに参加することが出来ないけれど
原発だけでなく 農薬も 食品添加物も 自然を破壊し 
人の心をも破壊する 全てのものに反対することを 宣言します。

 F1の種による 野菜等の栽培も 弊害あって一理なしです。
その農産物は 次世代を作ることが出来ません。
それを食べ続けることは 次世代を作る力が無くなるという事にならないかとても心配です。
老婆心だといわずに 少し気をつけてみませんか。

 もし畑に種をまくのなら F1でない 種子消毒していない 種を選びませんか。
自家採取できる作物を作っていくのは ちょっと面倒ですが
その土地や気候に 少しずつ合う様になっていく様子は なかなか可愛いものです。

 すでに降り注がれてしまった放射性物質や 世の中に蔓延している化学物質
自分で作るもの 食べるものくらい 最小限のリスクになるように 努力するべきです。
 
 
| さのとらこ | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:54 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode